月次アーカイブ: 3月 2015

借金に追い詰められ、やむを得ずカタをつけなければならない状況にな
った時に、自分に適した債務整理をお分かりでしょうか。

債務整理には大きく分けて3つと、例外があります。

まず、まともな任意整理方法として、任意整理と個人再生、そして自己
破産があります。
例外として、夜逃げと踏み倒しです。

まずは、任意整理です。
これは債権者と話し合いをし、債務を圧縮させてもらったり、返済可能
な方法を選ぶことも可能でしょう。

また、対外的には事故扱いにならないこともあり、クレジットカードの
使用停止にもならなくてすむかもしれません。

債権者との交渉には債務者本人か、法定代理人になれる弁護士もしくは
司法書士にすることができます。

もちろん闇金業者との交渉も可能ですが、消費者金融や銀行相手なら債
務者本人だけでもできるでしょう。

デメリットは、債権者が「NO」と言えばそれまでです。

次の個人再生は、裁判所管轄で行う債務整理で、弁護士か司法書士に依
頼しなければなりませんから費用がかかります。

メリットは、債務者に一定額の安定した収入があることが条件ですが、
その範囲内で、借金を3年で分割支払いできる金額になるまで減額され
ることです。

ただ、住宅ローンに関しては減額の対象外ですから注意が必要です。
…続きを読む