なぜヤミ金で借りたらいけないのか

はからずも、手持ち資金に何万円か足りない。しかし手元に資金はない。かといって家族には頼めない。こんな追い詰められた場合に、仕方なくサラ金で融資してもらう方がいますが、無理からぬことです。少額の融資かもしれませんが、背に腹は代えられません。

しかし、銀行より高金利ですし、取り立てが待った無しなど不利な内容があります。そのために遅延損害金など約定を知らないと、大いに困ることになるかもしれません。まかり間違って、返すことが出来ないようにならないために、さらに別のサラ金から借りてくる多重債務の状態になります。消費者金融が貸してくれなくなると次が闇金融です。でも彼らは違法な闇社会の人間達です。

よく聞くヤミ金融は何をどうしているのでしょうか。違いを言えば、法律で規定された利率で融資している者、貸金業を営んでいるのに無登録の業者を、闇金融と表現します。しかし、正規の貸金業者であっても違法な貸出金利で貸付けしたら看板はどうあれ闇金融となります。

ずっと前から、金貸しの金利として「トイチ」の表現があります。簡単に言えば、10日間毎に1割の利息を支払うというものです。それを今どきの闇金融になると、以前の2~3倍もの高金利になっています。結果的にいえば、年利率1080%で10万円を借りるとすれば1年間で支払う利息は、驚くことには、108万円になるという驚きの金額になります。もちろん、こんな金額を返すことなんて不可能です。
支払いが1日でも延滞すれば、ヤミ金融による容赦のない取立てがスタートします。時間にとらわれることなく、何回もいつこく嫌がらせ電話を掛け、親族宅や職場にまで集金に来て、強圧的な言動で取立てします。先に述べたように、違法な高金利と取り立てにより、闇金は借り手の、利用者の生活を壊してしまいますから、他から借りることができなくても絶対に闇金融から借りてはいけません。

もし、闇金から借りていれば、たった一人で解決しようとせず、被害が少ない内に法律の専門家である、司法書士あるいは弁護士に相談しましょう。闇金そのものが違法ですから闇金の貸付金は、まったく返す必要がありませんし、条件によっては、今までに返済した金額を取り戻し、そうすれば何より願った静かな生活ができます。
闇金とのトラブルを一気に解決する方法